アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(1)-b.VBAでできること ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (1)-d.マクロの記録

Excel VBA ≫ 1.基礎編 - はじめに(1)-c.VBEについて

VBEについて(Excel2007)

VBAでプログラム開発するにはVisual Basic Editor(以降、VBE)を起動する必要があります。 VBEを起動するにはリボンの [ 開発 ] タブから開く方法とショートカットキーから開く方法があります。

<方法1>
リボンの [ 開発 ] タブの左端 [ Visual Basic ] ボタンを押下
※リボンに [ 開発 ] タブがない場合は [ 開発 ] タブ表示設定へVBE起動ボタン押下



<方法2>
ショートカットキー [ Alt ] + [ F11 ]
([Alt]ボタンを押しながら[F11]ボタンを押下)


リボンに[開発]タブがない場合の表示設定方法

  1. 画面左上にあるofficeボタンをを押下します。
  2. officeボタン押下
  3. [ Excelのオプション ] ボタンを押下して、オプション画面を開きます。
  4. オプションボタン押下
  5. [ 基本設定 ] タブの "[ 開発 ] タブをリボンに表示する" をチェックして [ OK ] ボタンでオプションを閉じます。
  6. 開発タブ表示
  7. するとリボンに [ 開発 ] タブが表示されます。
  8. リボンに開発タブが表示

VBEの画面説明(Excel2007)

VBE画面説明

@プロジェクトエクスプローラ

1つのエクセルブックを1プロジェクトとして、そのプロジェクト内のオブジェクト一覧を表示します。
※オブジェクトとはシートやセルなどVBAから操作可能な‘もの’の総称です。
(⇒(1)-n.オブジェクト、プロパティ、メソッド

エクセルブックを新規作成した場合、表示されるオブジェクトはブックとシートのみですが、 メニューバーの [ 挿入 ] ボタンからオブジェクトを追加することでフォームや標準モジュールといったオブジェクトも表示されるようになります。 プロジェクトエクスプローラ
管理人から一言・・・ 標準モジュールとは?
標準モジュールとはVBAのプログラムを記述する場所のことです。プログラムは標準モジュール以外にもシートやブックなどの各オブジェクトモジュール内に記述することはできますが、パブリックな変数やプロシージャを定義できないなどの制限があります。そのオブジェクト固有の処理(イベント処理など)を記述する場合を除いて、プログラムはすべて標準モジュールに記述するようにしましょう。

また、上記に挙げたもの以外に、クラスモジュールという独自のクラスを定義できるものがありますが、こちらは入門編向けではないため説明は割愛します。

Aプロパティウィンドウ

前述のプロジェクトエクスプローラでオブジェクトを選択すると、そのオブジェクトに関するプロパティを表示、編集することができます。 以下の図は『Sheet1』オブジェクトを選択した場合の表示内容です。 プロパティウィンドウ

Bコードウィンドウ

前述のプロジェクトエクスプローラでオブジェクトを右クリック ⇒ [ コードの表示 ] を選択すると、 そのオブジェクト内に記述されたコードを表示、編集することができます。
  • オブジェクトボックス
  • 現在選択しているオブジェクトに関連づけられているオブジェクトを表示します。
  • プロシージャボックス
  • 現在選択しているオブジェクトに関連づけられているイベントおよびプロシージャを表示します。
  • 余白インジケータバー
  • クリックすることでブレークポイントの設定・解除ができます。 コードウィンドウ
カテゴリ内ページ



Page
Top