アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(1)-c.VBEについて ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (1)-e.マクロの実行

Excel VBA ≫ 1.基礎編 - はじめに(1)-d.マクロの記録

マクロの記録(Excel2007)

『(1)-a.VBAとは?』で少し触れたようにExcelにはVBAによる操作記録機能があります。 この機能を利用して、Excelの操作がどのようにVBAで記録されるのか見てみましょう。



  1. [ 開発 ] タブ、もしくは、ステータスバーに配置された [ マクロの記録 ] ボタンを押下します。

  2. [ 開発 ] タブの表示設定 [マクロの記録]ボタンを押下
  3. すると以下のようなポップアップが表示されるので、 [ OK ] ボタンを押下します。
  4. [OK]ボタンを押下
  5. エクセルに対して何か操作を行います。
  6. 記録を終了するときは [ 開発 ] タブ、もしくは、ステータスバーに配置された [ 記録終了 ] ボタンを押下します。
  7. [記録終了]ボタンを押下
  8. マクロの記録を行うと標準モジュールが自動的に追加され、 マクロはその標準モジュールに記録されています。
  9. マクロ記録結果 マクロの実行方法については次のページで説明します。

管理人から一言・・・ 記録されたマクロは・・・
残念ながらコードの記述が冗長であったり、処理効率が悪かったりすることがよくあります。VBAの基礎をしっかり身に付けて、無駄なコードを削除・修正できるようになりましょう!
カテゴリ内ページ



Page
Top