アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(1)-d.マクロの記録 ⇐ [PREV]

Excel VBA ≫ 1.基礎編 - はじめに(1)-e.マクロの実行

マクロの実行(Excel2007)

マクロの実行方法は大きくわけて以下の2つがあります。
  • VBEから実行する方法
  • エクセル画面から実行する方法




VBEから実行する方法

  • 実行したいマクロのSubプロシージャ内(Sub 〜 End Subの範囲)にカーソルを置いた状態で、以下いずれかのボタンを押下するとマクロが実行されます。
    • [ sub/ユーザーフォームの実行 ] ボタン
    • [ F5 ] ボタン
    VBEからマクロを実行する方法1−1
    ※Subプロシージャの外や、単独で実行できないプロシージャ内にカーソルが置いてある場合は 以下のような画面が表示されます。実行したいマクロを選択して [ 実行 ] ボタンを押下してください。
    VBEからマクロを実行する方法1−2
管理人から一言・・・ この方法で実行可能なプロシージャ
この方法で実行できるのは引数のないSubプロシージャと、同じく引数のないFunctionプロシージャです。

プロシージャの引数については後で説明します。

エクセル画面から実行する方法

  1. エクセル画面上で、以下いずれかのボタンを押下します。
    • [ 開発 ] タブの [ マクロの表示 ] ボタン
    • [ Alt ] + [ F8 ] ボタン
    エクセル画面からマクロを実行する方法2−1
  2. ポップアップ画面よりマクロを選択してから [ 実行 ] ボタンを押下するとマクロが実行されます。
  3. エクセル画面からマクロを実行する方法2−2
管理人から一言・・・ この方法で実行可能なプロシージャ
この方法で実行できるのは引数がなく、かつ、パブリックなSubプロシージャのみです。
プロシージャの引数については後で説明します。
カテゴリ内ページ



Page
Top