アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(3)-a.データ型と変数の宣言 ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (3)-c.変数のスコープ

Excel VBA ≫ 1.基礎編 - 変数と定数(3)-b.変数の宣言を強制する

変数宣言を強制する

変数の宣言をを明示的に行わないと、変数名の競合や変数名の入力ミスによるエラーが発生しやすくなります。 これらのエラーを未然に防ぐために、変数の宣言を強制する設定をおすすめします。



変数の宣言を強制する設定

  1. VBEメニューバーの [ ツール ] ⇒ [ オプション ] を選択します。
  2. オプション選択
  3. [ 変数の宣言を強制する ] にチェックを入れて [ OK ] ボタンを押下します。
  4. 変数宣言を強制する設定
  5. すると全オブジェクトのコードウィンドウ上部に "Option Explicit" が表示されます。 これが変数宣言を強制する設定になっていることの証となります。

    "Option Explicit" をモジュールオプションといい、 この他にもいくつかオプションを指定することができます。
  6. 変数宣言を強制する設定の確認方法
  7. 宣言していない変数を使用してマクロを実行すると以下のメッセージが表示されるようになります。
  8. 宣言していない変数使用時のエラーメッセージ

<サイト内関連リンク> 関連リンクもチェック!!
- その他のモジュールオプションについて
カテゴリ内ページ
Excel VBA 〜 総目次 〜
- 1.基礎編
-- (3).変数と定数
--- (3)-a.データ型と変数の宣言
--- (3)-b.変数の宣言を強制する
--- (3)-c.変数のスコープ
--- (3)-d.定数の宣言
--- (3)-e.組み込み定数
--- (3)-f.配列の宣言
--- (3)-g.オブジェクト変数と Set



Page
Top