アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(3)-c.変数のスコープ ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (3)-e.組み込み定数

Excel VBA ≫ 1.基礎編 - 変数と定数(3)-d.定数の宣言

定数の宣言

プログラム内で頻繁に使用する固定した値(税率などの数値や、エラーメッセージなどの文言)を定数として宣言しておくと、 プログラムの可読性およびメンテナンス性が向上します。 定数は変数と異なり、プログラムの実行中に値を変更することはできません。

Const [変数名] as [データ型] = [数値や文字列など]
※データ型の指定は任意です。



定数のスコープ

スコープの考え方は前ページで説明した変数と同じです。但し、Staticステートメントを使用して定数を宣言することはできません。
  • プロシージャ内で定数を宣言した場合
  • ・・・ 宣言したプロシージャ内でのみ使用可能となります。
  • プロシージャ外で定数を宣言した場合
  • ・・・ 宣言したモジュール内のすべてのプロシージャ内から使用可能となります。
  • プロシージャ外でPublicステートメントを使用して定数を宣言した場合
  • ・・・ プロジェクト内のすべてのプロシージャから使用可能となります。
    Public Const [変数名] as [データ型] = [数値や文字列など]
    
カテゴリ内ページ



Page
Top