アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(7)-a.SheetsとWorksheets ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (7)-c.ワークシートの追加

Excel VBA ≫ 1.基礎編 - ワークシート(7)-b.ワークシートの数

ワークシート数の取得 - Count プロパティ

ワークシートの数を取得するには Worksheets コレクションの Count プロパティを使用します。 Count プロパティは取得のみ可能で、設定はできません。シートの追加・削除を行うとCount プロパティは自動的に変更されます。



  • 【構文】
    Worksheets.Count


  • Count プロパティの使用例1
  • Worksheetsコレクション内のワークシートオブジェクトへインデックス指定によりアクセスし、ワークシート名を順に表示する例です。
    Sub sample_eb072_01()
        Dim i   As Integer
    
        For i = 1 To Worksheets.Count
            Debug.Print "シート名:" & Worksheets(i).Name
        Next i
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ

    <アクティブワークブック内のシート> アクティブワークブック内のシート
    <実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    シート名:AAA
    シート名:BBB
    シート名:CCC
    


  • Count プロパティの使用例2
  • アクティブワークブック内の最後尾のワークシート名を表示する例です。
    Sub sample_eb072_02()
        Dim lastShtName     As String
    
        lastShtName = Worksheets(Worksheets.Count).Name
        Debug.Print "最後尾シート名:" & lastShtName
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ

    <アクティブワークブック内のシート> アクティブワークブック内のシート
    <実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    最後尾シート名:CCC
    


  • ワークシート『AAA』を手動で最後尾へ移動し、sample_eb072_02を実行してみます。
  • <アクティブワークブック内のシート(シート移動後)> アクティブワークブック内のシート(シート移動後)
    <実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    最後尾シート名:AAA
    
カテゴリ内ページ



Page
Top