アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(7)-e.ワークシートの名前 ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (7)-g.ワークシートの表示

Excel VBA ≫ 1.基礎編 - ワークシート(7)-f.ワークシートのインデックス

【ページ内リンク】

ワークシートのインデックス - Index プロパティ

Index プロパティは Worksheets コレクション内における各オブジェクトのインデックス番号を表しており、 この番号はワークブック内のシートの並び順(左から右)となっています。
このプロパティは値の取得のみ可能で、シートの追加・削除・移動を行うと自動的に番号が変更されます。



  • 【構文】
    object.Index
  • ※objectはworksheetオブジェクトを表す変数

  • Index プロパティの使用例
  • シート追加の前後でインデックス番号がどのように変わるかを確認する例です。
    Sub sample_eb076_01()
    
        Debug.Print "<シート追加前>"
        Call printShtNames(ActiveWorkbook)
    
        'ワークシートを一番右端へ追加
        Worksheets.Add
    
        Debug.Print "<シート追加後>"
        Call printShtNames(ActiveWorkbook)
    
    End Sub
    
    '引数で指定されたブック内のシートを
    'イミディエイトウィンドウへ表示するプロシージャ
    '引数[1]:対象ワークブック
    Private Sub printShtNames(wb As Workbook)
        Dim i   As Integer
    
        For i = 1 To wb.Worksheets.Count
            With wb.Worksheets(i)
                Debug.Print "INDEX = " & .Index, _
                            "NAME = " & .Name
            End With
        Next i
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ

    <sample_eb076_01 実行前> sample_eb076_01 実行前 <sample_eb076_01 実行後> sample_eb076_01 実行後
    <sample_eb076_01 実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    <シート追加前>
    INDEX = 1     NAME = AAA
    INDEX = 2     NAME = BBB
    INDEX = 3     NAME = CCC
    <シート追加後>
    INDEX = 1     NAME = Sheet1
    INDEX = 2     NAME = AAA
    INDEX = 3     NAME = BBB
    INDEX = 4     NAME = CCC
    
カテゴリ内ページ



Page
Top