アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(7)-n.PrintPreview メソッド ⇐ [PREV]

Excel VBA ≫ 1.基礎編 - ワークシート(7)-o.PrintOut メソッド

PrintOut メソッド

ワークシートの印刷を行いたい場合は PrintOut メソッドを使用します。 ブック内の複数シートを選択して印刷することも可能です。 引数 Preview に True を設定することで、プレビュー表示することもできます。

PrintPreview メソッドではページの指定はできませんでしたが、 PrintOut メソッドであれば、ページ指定オプションとプレビューオプションを使用することで、ページ指定した印刷プレビューを表示することができます。 (⇒PrintOut メソッドの使用例4)



  • 【構文】
    object.PrintOut ([From], [To], [Copies], [Preview], [ActivePrinter], [PrintToFile], [Collate], [PrToFileName], [IgnorePrintAreas])
  • ※objectはworksheetオブジェクトを表す変数

    引数名 省略 定数/データ型 説明
    From バリアント型
    (Variant)
    印刷を開始するページの番号を指定します。この引数を省略すると、最初のページから印刷します。
    To バリアント型
    (Variant)
    印刷を終了するページの番号を指定します。この引数を省略すると、最後のページまで印刷します。
    Copies バリアント型
    (Variant)
    印刷部数を指定します。この引数を省略すると、印刷部数は 1 部になります。
    Preview ブール型
    (Boolean)
    True の場合、印刷をする前に印刷プレビューを実行します。False、または省略した場合、直ちに印刷を行います。
    ActivePrinter バリアント型
    (Variant)
    アクティブなプリンタの名前を指定します。
    PrintToFile ブール型
    (Boolean)
    True の場合、ファイルへ出力します。引数 PrToFileName が省略された場合、出力先のファイル名を指定するためのダイアログ ボックスを表示します。
    Collate ブール型
    (Boolean)
    True の場合、部単位で印刷します。
    PrToFileName バリアント型
    (Variant)
    引数 PrintToFile が True の場合、この引数に印刷したいファイルの名前を指定します。
    IgnorePrintAreas ブール型
    (Boolean)
    True の場合、印刷範囲を無視してオブジェクト全体を印刷します。


  • PrintOut メソッドの使用例1
  • 印刷ヘッダーや、用紙サイズなどの設定してから印刷する例です。
    Sub sample_eb07f_01()
        With Worksheets("2016年度")
            '印刷ヘッダー設定(太字、18pt、シート名表示)
            .PageSetup.CenterHeader = "&B&18&A 売上一覧表"
            '日付表示
            .PageSetup.RightHeader = "印刷日 : &D"
    
            '用紙サイズ、方向
            .PageSetup.PaperSize = xlPaperA4
            .PageSetup.Orientation = xlPortrait
    
            '印刷
            .PrintOut
        End With
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ


    <ブック内のシート>
    年度毎の売上一覧表シートが複数存在します。 ブック内のシート <sample_eb07f_01 実行後>
    ※下図は印刷イメージをXPS Document Writerでファイルへ保存したものです。 sample_eb07f_01 実行後

  • PrintOut メソッドの使用例2
  • ブック内の全シートを印刷する例です。
    Sub sample_eb07f_02()
        'ブック内全シートの印刷
        Worksheets.PrintOut
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ


  • PrintOut メソッドの使用例3
  • ブック内の複数シートを印刷する例です。
    Sub sample_eb07f_03()
        Dim varSheets As Variant
    
        '印刷したいシート名の配列
        varSheets = Array("2014年度", "2016年度")
    
        'シート選択
        Worksheets(varSheets).Select
    
        '選択シートの印刷
        ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ


  • PrintOut メソッドの使用例4
  • アクティブシートのページ指定した印刷プレビューを表示する例です。
    Sub sample_eb07f_04()
        'アクティブシートの2〜3ページの印刷プレビューを表示
        ActiveSheet.PrintOut From:=2, To:=3, Preview:=True
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ


カテゴリ内ページ



Page
Top