アクセス上位ページ
 
最近の更新内容

Excel VBA ≫ 1.基礎編 - コントロールの設置(10)-c.オートシェイプにマクロを登録する

オートシェイプにマクロを登録する方法

ワークシートに挿入されたオートシェイプにマクロを登録する方法を説明します。

※すでに標準モジュールに何かしらのサンプルプロシージャを記述してあるという前提で説明します。



  1. ワークシートに挿入された丸四角のオートシェイプにマクロを登録してみます。
  2. ワークシートに挿入されたオートシェイプ
  3. オートシェイプを右クリックし、 [ マクロの登録 ] を選択します。
  4. マクロ登録前の状態
  5. すると 『マクロの登録』 画面が表示されます。 この画面には標準モジュールに記述済みのパブリックな Sub プロシージャが表示されますので、 登録したいものを選択して [ OK ] ボタンを押下します。
  6. マクロ登録画面から登録したいマクロを選択
  7. オートシェイプをクリックすると登録したマクロが実行されます。
  8. オートシェイプをクリックしてマクロを実行 <補足>
    オートシェイプ以外に図やクリップアートにも同様の手順でマクロを登録することができます。

<サイト内関連リンク> 関連リンクもチェック!!
- ユーザーフォーム
カテゴリ内ページ
Excel VBA 〜 総目次 〜
- 1.基礎編
--- (10)-a.コントロールの種類
--- (10)-b.コマンドボタンにマクロを登録する
--- (10)-c.オートシェイプにマクロを登録する



Page
Top