アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(2)-a.Left、Right関数 ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (2)-c.Len、LenB関数

Excel VBA ≫ 2.関数リファレンス - 文字列操作(2)-b.Mid関数

【ページ内リンク】

Mid関数

Mid関数はある文字列の任意の位置から指定した文字数分の文字列を返します。
  • 【構文】
    Mid (String , Start [, Length])

      【戻り値】 バリアント型 (内部処理形式 String の Variant)

  • 引数名 省略 説明
    String × 文字列を取り出す、元の文字列式を指定します。
    Start × 引数 String の先頭の位置を 1 として、どの位置から文字列を取り出すかを先頭からの文字数で指定します。 Start が String の文字数を超える場合、Mid 関数は長さ 0 の文字列 ("") を返します。
    Length 取り出す文字数を指定します。 引数 Length を省略した場合、または文字列内に Length より短い文字数しかない場合には、Start から後のすべての文字が返されます。


  • Mid関数の使用例
  • Sub sample_ef022_01()
        Dim wStr    As String
    
        wStr = "aあA亜ア"
    
        Debug.Print Mid(wStr, 1, 1)     '1文字目から1文字
        Debug.Print Mid(wStr, 3, 2)     '3文字目から2文字
        Debug.Print Mid(wStr, 2)        '2文字目以降
    
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ

    <実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    a
    A亜
    あA亜ア
    
カテゴリ内ページ
Excel VBA 〜 総目次 〜
- 2.関数リファレンス
-- (2).文字列操作
--- (2)-a.Left、Right関数
--- (2)-b.Mid関数
--- (2)-c.Len、LenB関数
--- (2)-d.LCase、UCase関数
--- (2)-e.StrConv関数
--- (2)-f.StrReverse関数
--- (2)-g.Replace関数
--- (2)-h.InStr関数
--- (2)-i.InstrRev関数
--- (2)-j.LTrim、RTrim、Trim関数
--- (2)-k.Format関数
--- (2)-l.Asc、Chr関数
--- (2)-m.String、Space関数
--- (2)-n.StrComp関数



Page
Top