アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(2)-h.InStr関数 ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (2)-j.LTrim、RTrim、Trim関数

Excel VBA ≫ 2.関数リファレンス - 文字列操作(2)-i.InstrRev関数

【ページ内リンク】

InstrRev関数

InstrRev関数はある文字列の中から指定した文字列を後方から検索し、 最初に見つかった文字位置(先頭からの文字数)を返します。 InStr関数とは構文が異なりますので、注意してください。
  • 【構文】
    InstrRev (String1, String2 [, Start] [, Compare])

      【戻り値】 バリアント型 (内部処理形式 Long の Variant)

  • 引数名 省略 説明
    String1 × 検索対象となる文字列式を指定します。
    String2 × 引数 String1 内で検索する文字列式を指定します。
    Start 文字列の検索を開始する位置を指定します。 省略した場合は、文字列の最後から検索が開始されます。
    Compare 文字列比較の比較モードを指定する数値を設定します。 引数 Compare を省略すると、Option Compare ステートメントの設定に応じて、比較モードが決まります。


    引数Compareに指定可能な定数
    定数 説明
    vbUseCompareOption -1 Option Compare ステートメントの設定を使用して比較を行います。
    vbBinaryCompare 0 バイナリ モードで比較を行います。
    vbTextCompare 1 テキスト モード(大文字/小文字、全角/半角 区別なし)で比較を行います。


  • InstrRev関数の使用例
  • Sub sample_ef029_01()
        Dim wStr    As String
    
        wStr = "ABCDEabcdeabcdeABCDE"
    
        Debug.Print "文字列:" & wStr
        '[1]:文字列の後方から「ABC」を検索
        Debug.Print "検索結果[1]:" & InStrRev(wStr, "ABC")
        '[2]:2文字目から「ABC」を検索
        Debug.Print "検索結果[2]:" & InStrRev(wStr, "ABC", 15)
        '[3]:テキストモード(大文字・小文字・半角・全角区別なし)で検索
        Debug.Print "検索結果[3]:" & InStrRev(wStr, "ABC", 15, vbTextCompare)
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ

    <実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    文字列:ABCDEabcdeabcdeABCDE
    検索結果[1]:16
    検索結果[2]:1
    検索結果[3]:11
    
カテゴリ内ページ
Excel VBA 〜 総目次 〜
- 2.関数リファレンス
-- (2).文字列操作
--- (2)-a.Left、Right関数
--- (2)-b.Mid関数
--- (2)-c.Len、LenB関数
--- (2)-d.LCase、UCase関数
--- (2)-e.StrConv関数
--- (2)-f.StrReverse関数
--- (2)-g.Replace関数
--- (2)-h.InStr関数
--- (2)-i.InstrRev関数
--- (2)-j.LTrim、RTrim、Trim関数
--- (2)-k.Format関数
--- (2)-l.Asc、Chr関数
--- (2)-m.String、Space関数
--- (2)-n.StrComp関数



Page
Top