アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(2)-j.LTrim、RTrim、Trim関数 ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (2)-l.Asc、Chr関数

Excel VBA ≫ 2.関数リファレンス - 文字列操作(2)-k.Format関数

Format関数

Format関数はある数値や文字列を指定の書式へ変換を行います。
  • 【構文】
    Format (Expression [, Format] [, FirstDayOfWeek] [, FirstWeekOfYear])

      【戻り値】 バリアント型 (内部処理形式 String の Variant)

  • 引数名 省略 説明
    Expression × 任意の数値や文字列を指定します。 この値が引数 Format の書式に従って変換されます。
    Format 定義済み書式または表示書式指定文字を指定します。
    FirstDayOfWeek 週の 1 日目を指定する定数を指定します。
    FirstWeekOfYear 年の第 1 週を指定する定数を指定します。


    引数 FirstDayOfWeek に指定可能な定数
    定数 説明
    vbUseSystem 0 NLS API の設定値を使用します。
    vbSunday 1 (既定値) 日曜
    vbMonday 2 月曜
    vbTuesday 3 火曜
    vbWednesday 4 水曜
    vbThursday 5 木曜
    vbFriday 6 金曜
    vbSaturday 7 土曜


    引数 FirstWeekOfYear に指定可能な定数
    定数 説明
    vbUseSystem 0 NLS API の設定値を使用します。
    vbFirstJan1 1 (既定値) 1 月 1 日を含む週から始まります。
    vbFirstFourDays 2 年の 4 日以上が含まれる最初の週から始まります。
    vbFirstFullWeek 3 年のうち、7 日が含まれる最初の週から始まります。




  • Format関数の使用例1
  • 数値の左にゼロを埋めて4ケタで表示する例です。
    Sub sample_ef02B_01()
        Dim i   As Integer
    
        For i = 0 To 10
            Debug.Print Format(i, "0000")
        Next i
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ


    <実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    0000
    0001
    0002
    0003
    0004
    0005
    0006
    0007
    0008
    0009
    0010
    

  • Format関数の使用例2
  • 文字列を小文字および大文字へ変換する例です。
    Sub sample_ef02B_02()
        Dim wStr    As String
    
        wStr = "Hello World!!"
    
        Debug.Print "元:" & wStr
        '[1]小文字へ変換
        Debug.Print "[1]:" & Format(wStr, "<")
        '[2]大文字へ変換
        Debug.Print "[2]:" & Format(wStr, ">")
    End Sub
    

    <実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    元:Hello World!!
    [1]:hello world!!
    [2]:HELLO WORLD!!
    

  • Format関数の使用例3
  • 日付をさまざまな形式で表示する例です。
    Sub sample_ef02B_03()
        Dim wDate   As Date
    
        wDate = DateSerial(2013, 4, 1)
    
        Debug.Print "元:" & wDate
        Debug.Print "[1]:" & Format(wDate, "yyyy/m/d(ddd)")
        Debug.Print "[2]:" & Format(wDate, "ggge年m月d日(aaa)")
        Debug.Print "[3]:" & Format(wDate, "mmmm d, yyyy (dddd)")
    End Sub
    

    <実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    元:2013/04/01
    [1]:2013/4/1(Mon)
    [2]:平成25年4月1日(月)
    [3]:April 1, 2013 (Monday)
    

<サイト内関連リンク> 関連リンクもチェック!!
- 表示形式の書式について
カテゴリ内ページ
Excel VBA 〜 総目次 〜
- 2.関数リファレンス
-- (2).文字列操作
--- (2)-a.Left、Right関数
--- (2)-b.Mid関数
--- (2)-c.Len、LenB関数
--- (2)-d.LCase、UCase関数
--- (2)-e.StrConv関数
--- (2)-f.StrReverse関数
--- (2)-g.Replace関数
--- (2)-h.InStr関数
--- (2)-i.InstrRev関数
--- (2)-j.LTrim、RTrim、Trim関数
--- (2)-k.Format関数
--- (2)-l.Asc、Chr関数
--- (2)-m.String、Space関数
--- (2)-n.StrComp関数



Page
Top