アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(3)-c.Hour、Minute、Second関数 ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (3)-e.WeekdayName関数

Excel VBA ≫ 2.関数リファレンス - 日付と時刻(3)-d.Weekday関数

【ページ内リンク】

Weekday関数

Weekday関数は引数で与えられた日付の曜日に対応する整数値を返します。
  • 【構文】
    Weekday (Date , [FirstDayOfWeek])

      【戻り値】 バリアント型 (内部処理形式 Integer の Variant)

  • 引数名 省略 説明
    Date × 日付を表す数式または文字列式を指定します。
    FirstDayOfWeek 曜日の最初の日を示す数値を指定します。 省略した場合、日曜日を週のはじまりとします。


    引数 FirstDayOfWeek に指定可能な定数
    定数 説明
    vbUseSystem 0 NLS API の設定値を使用します。
    vbSunday 1 (既定値) 日曜
    vbMonday 2 月曜
    vbTuesday 3 火曜
    vbWednesday 4 水曜
    vbThursday 5 木曜
    vbFriday 6 金曜
    vbSaturday 7 土曜


    Weekday 関数からの戻り値
    定数 説明
    vbSunday 1 日曜
    vbMonday 2 月曜
    vbTuesday 3 火曜
    vbWednesday 4 水曜
    vbThursday 5 木曜
    vbFriday 6 金曜
    vbSaturday 7 土曜

    上記の Weekday 関数の戻り値は、週のはじまりを日曜日(既定値)とすることを想定した内容となっています。仮に週の始まりを月曜日とすると、月曜日が“1”となるので注意してください。

  • Weekday関数の使用例
  • Sub sample_ef034_01()
        Dim wDate   As Date
    
        wDate = DateValue("2013/4/1")
        Debug.Print "日付 :" & Format(wDate, "yyyy/m/d(aaa)")
    
        '第2引数を省略して、週のはじまりを日曜日とした場合
        Debug.Print "曜日[1]:" & Weekday(wDate)
    
        '第2引数にvbMondayを指定して、週のはじまりを月曜日とした場合
        Debug.Print "曜日[2]:" & Weekday(wDate, vbMonday)
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ

    <実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    日付 :2013/4/1(月)
    曜日[1]:2
    曜日[2]:1
    
カテゴリ内ページ



Page
Top