アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(3)-g.DateSerial、TimeSerial関数 ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (3)-i.DateDiff関数

Excel VBA ≫ 2.関数リファレンス - 日付と時刻(3)-h.DatePart関数

【ページ内リンク】

DatePart関数

DatePart関数は指定した日付の同一年における時間間隔を整数値で返します。 時間間隔の単位は引数で指定することができます。
  • 【構文】
    DatePart (Interval , Date [, FirstDayOfWeek] [, FirstWeekOfYear])

      【戻り値】 バリアント型 (内部処理形式 Integer の Variant)

  • 引数名 省略 説明
    Interval × 時間間隔の単位を表す文字列式を指定します。
    Date × 時間間隔を取得したい日付を指定します。
    FirstDayOfWeek 週の始まりの曜日を表す定数を指定します。 省略すると、日曜日を指定したものとみなされます。
    FirstWeekOfYear 年度の第 1 週を表す定数を指定します。 省略すると、1 月 1 日を含む週が第 1 週とみなされます。


    引数 Interval に指定可能な定数
    設定値 説明
    yyyy
    q 四半期
    m
    y 年間通算日
    d
    w 週日
    ww
    h
    n
    s


    引数 FirstDayOfWeek に指定可能な定数
    定数 説明
    vbUseSystem 0 NLS API の設定値を使用します。
    vbSunday 1 (既定値) 日曜
    vbMonday 2 月曜
    vbTuesday 3 火曜
    vbWednesday 4 水曜
    vbThursday 5 木曜
    vbFriday 6 金曜
    vbSaturday 7 土曜


    引数 FirstWeekOfYear に指定可能な定数
    定数 説明
    vbUseSystem 0 NLS API の設定値を使用します。
    vbFirstJan1 1 (既定値) 1 月 1 日を含む週から始まります。
    vbFirstFourDays 2 年の 4 日以上が含まれる最初の週から始まります。
    vbFirstFullWeek 3 年のうち、7 日が含まれる最初の週から始まります。


  • DatePart関数の使用例
  • Sub sample_ef038_01()
        Dim wDate   As Date
    
        wDate = DateSerial(2013, 4, 1)
    
        Debug.Print "対象日:" & wDate
        Debug.Print "四半期:" & DatePart("q", wDate)
        Debug.Print "通算日:" & DatePart("y", wDate)
        Debug.Print "週  :" & DatePart("ww", wDate)
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ

    <実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    対象日:2013/04/01
    四半期:2
    通算日:91
    週  :14
    
カテゴリ内ページ



Page
Top