アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(4).配列関連 ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (4)-b.LBound、UBound関数

Excel VBA ≫ 2.関数リファレンス - 配列関連(4)-a.Array関数

【ページ内リンク】

Array関数

Array関数は値のリストをカンマ (,) で区切って指定することで、それらの値が格納された配列を返します。
Array 関数を使用して作成した配列の添え字の最小値は、常に 0 となります。 ほかの種類の配列とは異なり、Option Base ステートメントに最小値を指定しても影響を受けません。
  • 【構文】
    Array (ArgList)

      【戻り値】 バリアント型 (Variant)

  • 引数名 省略 説明
    ArgList 値のリストをカンマ (,) で区切って指定します。 省略すると長さ 0 の配列が作成されます。


  • Array関数の使用例
  • Sub sample_ef041_01()
        Dim Var     As Variant
        Dim i       As Integer
    
        Var = Array("A", 10, "B", 20)
    
        Debug.Print "添字下限:" & LBound(Var)
        Debug.Print "添字上限:" & UBound(Var)
    
        '配列要素をすべて表示
        For i = 0 To UBound(Var)
            Debug.Print i & ":" & Var(i)
        Next i
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ

    <実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    添字下限:0
    添字上限:3
    0:A
    1:10
    2:B
    3:20
    


  • 参考
  • Array 関数の引数を省略した場合の添え字を表示してみます。
    Sub sample_ef041_02()
        Dim Var     As Variant
        Dim i       As Integer
    
        Var = Array()   '長さ0の配列
    
        Debug.Print "添字下限:" & LBound(Var)
        Debug.Print "添字上限:" & UBound(Var)
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ

    <実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    添字下限:0
    添字上限:-1
    
カテゴリ内ページ
Excel VBA 〜 総目次 〜
- 2.関数リファレンス
-- (4).配列関連
--- (4)-a.Array関数
--- (4)-b.LBound、UBound関数
--- (4)-c.Split関数
--- (4)-d.Join関数



Page
Top