アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(4)-a.Array関数 ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (4)-c.Split関数

Excel VBA ≫ 2.関数リファレンス - 配列関連(4)-b.LBound、UBound関数

【ページ内リンク】

LBound、UBound関数

LBound関数は配列の指定された次元で使用できる添字の下限を整数値で返します。
UBound関数は配列の指定された次元で使用できる添字の上限を整数値で返します。
  • 【構文】
    LBound (ArrayName [, Dimension])
    UBound (ArrayName [, Dimension])

      【戻り値】 長整数型 (Long)

  • 引数名 省略 説明
    ArrayName × 配列変数の名前を指定します。
    Dimension 添字の下限・上限を調べたい配列の次元を整数値で指定します。 省略すると、1 が指定されたものと見なされます。




  • LBound、UBound関数の使用例
  • Sub sample_ef042_01()
        Dim Var(3 To 5, -2 To 1)      As Integer
        Dim i       As Integer
        Dim j       As Integer
        Dim Count   As Integer
    
        '第2引数を省略すると1次元の値を表示します。
        Debug.Print "1次元 添字下限:" & LBound(Var)
        Debug.Print "1次元 添字上限:" & UBound(Var)
        '2次元
        Debug.Print "2次元 添字下限:" & LBound(Var, 2)
        Debug.Print "2次元 添字上限:" & UBound(Var, 2)
    
        Count = 0
    
        '配列に1からの連番を格納
        For i = LBound(Var) To UBound(Var)
            For j = LBound(Var, 2) To UBound(Var, 2)
                Count = Count + 1
                Var(i, j) = Count
            Next j
        Next i
    
        '配列の要素をすべて表示
        For i = LBound(Var) To UBound(Var)
            For j = LBound(Var, 2) To UBound(Var, 2)
                Debug.Print "Var(" & i & "," & Str(j) & ") = " & Var(i, j)
            Next j
        Next i
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ


    <実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    1次元 添字下限:3
    1次元 添字上限:5
    2次元 添字下限:-2
    2次元 添字上限:1
    Var(3,-2) = 1
    Var(3,-1) = 2
    Var(3, 0) = 3
    Var(3, 1) = 4
    Var(4,-2) = 5
    Var(4,-1) = 6
    Var(4, 0) = 7
    Var(4, 1) = 8
    Var(5,-2) = 9
    Var(5,-1) = 10
    Var(5, 0) = 11
    Var(5, 1) = 12
    
カテゴリ内ページ
Excel VBA 〜 総目次 〜
- 2.関数リファレンス
-- (4).配列関連
--- (4)-a.Array関数
--- (4)-b.LBound、UBound関数
--- (4)-c.Split関数
--- (4)-d.Join関数



Page
Top