アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(5)-e.IsEmpty関数 ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (5)-f.TypeName関数

Excel VBA ≫ 2.関数リファレンス - データ型変換・検査(5)-g.IsNull関数

【ページ内リンク】

IsNull関数

IsNull関数は指定されたVariant型変数が NULL 値かどうか検査し、 NULL 値であれば True、NULL 値でなければ False を返します。 また、式にNULL値が含まれるかどうかもチェックすることができます。

  • 【構文】
    IsNull (Expression)

      【戻り値】 ブール型 (Boolean)

  • 引数名 省略 説明
    Expression × NULL 値かどうか検査したいVariant型変数を指定します。


  • IsNull関数の使用例
  • Sub sample_ef057_01()
        Dim Var         As Variant
    
        '[1]値未設定
        Debug.Print "[1]:" & IsNull(Var)
    
        '[2]数値を設定
        Var = 1234
        Debug.Print "[2]:" & IsNull(Var)
    
        '[3]文字列を設定
        Var = "abc"
        Debug.Print "[3]:" & IsNull(Var)
    
        '[4]Empty値を設定
        Var = Empty
        Debug.Print "[4]:" & IsNull(Var)
    
        '[5]NULL値を設定
        Var = Null
        Debug.Print "[5]:" & IsNull(Var)
    End Sub
    
    ⇒ サンプルマクロ集 へ

    <実行結果(イミディエイトウィンドウ)>
    [1]:False
    [2]:False
    [3]:False
    [4]:False
    [5]:True
    


カテゴリ内ページ
Excel VBA 〜 総目次 〜
- 2.関数リファレンス
--- (5)-a.データ型変換関数
--- (5)-b.Str関数
--- (5)-c.IsDate、IsNumeric関数
--- (5)-d.IsArray関数
--- (5)-e.IsEmpty関数
--- (5)-g.IsNull関数
--- (5)-f.TypeName関数



Page
Top