アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(2)-h.オプションボタン ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (2)-j.スクロールバー

Excel VBA ≫ 5.ユーザーフォーム - 各種コントロール解説(2)-i.トグルボタン

トグルボタンのプロパティ

このページではトグルボタンValue プロパティについて解説します。

トグルボタンはコマンドボタンと異なり、1度押すと凹んだ状態を維持します。 再度押すと元の凸状態にもどります。 凹んだ状態のときに、トグルボタン上のテキスト(Captionプロパティ)や背景色(BackColorプロパティ)を変更し、 ON/OFF をわかりやすくするとよいでしょう。



前のページで説明した内容と同じプロパティについては説明を割愛させていただきます。 かわりにリンクをまとめてありますのでリンク先をご覧になってください。

ボタン押下状態の取得および設定

  • Value プロパティ
  • ボタン押下状態の取得および設定を行うには Value プロパティを使用します。 True を設定することで押された(凹)状態、False を設定することで押された(凸)状態にすることができます。

    • 押されていない状態(Value プロパティが False)
    • 押されていない状態
    • 押された状態(Value プロパティが True)
    • 押された状態

    <プロパティウィンドウでの初期値設定例>
    True / False を設定します。 Value プロパティの値を設定 <コードの記述例(プロパティの設定)>
    '押された(凹)状態に設定
    ToggleButton1.Value = True
    
    '押されていない(凸)状態に設定
    ToggleButton1.Value = False
    

  • <コードの記述例(Value プロパティの取得)>
  • 以下のコードは、トグルボタンのクリックイベントで、 トグルボタンの状態により、Caption の変更とメッセージを表示する例です。

    フォームにはトグルボタン1つ(ToggleButton1)だけ設置した状態で、 トグルボタンの初期値として、Caption に"OFF"、Value に False を設定しておきます。

    押されていない状態 Value プロパティの値を設定
    Private Sub ToggleButton1_Click()
        With ToggleButton1
            If .Value Then
                'トグルボタンONの処理
                .Caption = "ON"
                MsgBox "トグルボタンがONになりました。", vbInformation
            Else
                'トグルボタンOFFの処理
                .Caption = "OFF"
                MsgBox "トグルボタンがOFFになりました。", vbInformation
            End If
        End With
    End Sub
    

    • トグルボタンを押下
    • ONのメッセージ表示 押された状態
    • 再度トグルボタンを押下
    • OFFのメッセージ表示 押されていない状態

  • <コードの記述例(Value プロパティの設定)>
  • 前述のフォームにコマンドボタン(CommandButton1)を追加し、 このコマンドボタンによりトグルボタンのON/OFFを切り替えてみましょう。

    コマンドボタンを追加
    Private Sub CommandButton1_Click()
        'トグルボタンの押下状態反転
        ToggleButton1.Value = Not ToggleButton1.Value
    End Sub
    
    Private Sub ToggleButton1_Click()
        With ToggleButton1
            If .Value Then
                'トグルボタンONの処理
                .Caption = "ON"
                MsgBox "トグルボタンがONになりました。", vbInformation
            Else
                'トグルボタンOFFの処理
                .Caption = "OFF"
                MsgBox "トグルボタンがOFFになりました。", vbInformation
            End If
        End With
    End Sub
    

    • コマンドボタンを押下
    • コマンドボタンを押下 ONのメッセージ表示 押された状態
    • 再度コマンドボタンを押下
    • コマンドボタンを再度押下 OFFのメッセージ表示 押されていない状態
管理人から一言・・・ クリックイベントの自動発生
コマンドボタンのクリックイベントにはトグルボタンの Value 値を反転させるコードしか記述していません。それにもかかわらず、コマンドボタンを押しただけで、トグルボタンの Caption が変更され、また、変更のメッセージも表示されました。これはトグルボタンの Value プロパティを変更することで、そのクリックイベントが自動的に発生したためと考えられます。
<サイト内関連リンク> 関連リンクもチェック!!
- コントロール一覧
- 各コントロールに共通のプロパティ
   (Width、Height、BackColor、Enabled、Visible、ControlTipText)
カテゴリ内ページ



Page
Top