アクセス上位ページ
 
最近の更新内容
(2)-j.スクロールバー ⇐ [PREV]
[NEXT] ⇒ (2)-l.イメージ

Excel VBA ≫ 5.ユーザーフォーム - 各種コントロール解説(2)-k.スピンボタン

スピンボタンの主なプロパティ

スピンボタンはある数値を少しずつ増減させたいときに使用します。 スクロールバーと同様に縦配置、横配置が可能です。

スピンボタンの主なプロパティである配置方向や最大・最小値、スクロール量などの使用方法は、 前ページのスクロールバーと全く同じですので、このページでの説明は割愛します。



このページには Value プロパティから値を取得するサンプルだけ掲載しておきます。



スクロール値の取得

  • <コードの記述例(Value プロパティの取得)>
  • 以下のコードは、スピンボタンの値をラベルに表示させるだけのサンプルです。

    フォームにはラベル(Label1)とスピンボタン(SpinButton1)を設置し、 最大値や最小値、スクロール量などはあらかじめ好みの値を設定しておきます。

    ラベルとスクロールバーだけのサンプルフォーム
    'マウスでクリックしたときに発生するイベント
    Private Sub SpinButton1_Change()
        Label1.Caption = SpinButton1.Value
    End Sub
    
    • 上矢印をクリック
    • SmallChange プロパティの確認
    • 上矢印を押しっ放し
    • Delay プロパティの確認

<サイト内関連リンク> 関連リンクもチェック!!
- コントロール一覧
- 各コントロールに共通のプロパティ
   (Width、Height、BackColor、Enabled、Visible、ControlTipText)
カテゴリ内ページ



Page
Top